給湯器で追い炊きする

追い炊きできる給湯器

トップ / 追い炊きできる給湯器

給湯器の意味に関する情報

給湯器の追い焚きとは

給湯器の追い焚きとは、家族が風呂に入るのに時間帯が違うと電気温水器のように混合水栓から差し湯を行ってその都度湯を追加する方法もありますが、水道量も余分にかかることになります。一方追い焚き式だと、1日限りでなく使用でき、温度の下がった分だけ暖めることになるので保温にも有利です。給湯器を浴槽の横に置くタイプで循環パイプがあって、そこへ溜まる湯垢が衛生的でないとか、種火をつけっぱなしにするのでガス代が余分にかかるとか、子供さんの場合には循環パイプ部分で熱い湯が循環するので火傷をしないように注意する必要もありますが、それぞれ一長一短があるようです。

給湯器は追い焚きできるのがお得

給湯器には追い焚きができるタイプとそして全くできないタイプが存在しています。できるタイプになるとどうしても金額的に高くなってしまいますので、より安くを求めてしまいますと、必要ないのではとも感じてしまいます。しかしより節約したいと思っている場合には、追い焚きできるタイプを選ぶことをオススメします。まず焚きができないとなると、もちろんお湯を沸かす熱も必要となるのですが、水も必要としてしまいます。そのためできないとなると水道代に関してどうしても高くなってしまいますので、ちょっと損をしていることになるんです。なので給湯器はできるだけ機能面で充実しているタイプを選ぶことをオススメします。